[白井田七の飲み方]3つのポイント


白井田七は、健康食品なので、飲み方に特別な決まりはありません。

しかし、より効果を早く実感するためにも、効果的な飲み方でコツコツ飲み続けることが大切です。

[白井田七の飲み方]効果的な飲むタイミングは食前

「白井田七の効果的な飲むタイミングっていつなの?」

白井田七を飲むなら、少しでも効果的な飲み方をしたいですよね。

白井田七の効果的な飲むタイミングは、食前です。

食後ですと、食事で摂取した食物繊維が白井田七の消化吸収を抑えてしまうこともあるので、なるべく食前に飲むようにしましょう。

しかし、白井田七はお薬ではなく健康食品ですから、飲み方について厳密な決まりがあるわけではありません。

食前に飲むのを忘れたからといって、食後に飲んではいけないというわけではなく、食後よりも食前の方が、より効果的というだけです。

飲んだり飲まなかったりというのは、白井田七の効果を感じにくくなる原因の一つです。

できるだけ食前に飲むことを意識しながら、毎日の習慣として飲み続けることが、更年期障害、糖尿病、痛風への効果を感じる近道です。

関連ページ:[白井田七の効果]田七人参の更年期障害・糖尿病・痛風への効果

白井田七を飲む時間は夕食前が特に効果的

白井田七は、食前に飲むのが効果的な飲むタイミングですが、夕食前の時間帯は特に効果的です。

なぜなら、白井田七の成分は、就寝中のホルモン分泌を促して、老廃物の排出や疲労回復、血糖値や尿酸値の改善にも効果的に作用するからです。

「それなら寝る前に飲んだ方が効果的なんじゃないの」

そう考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、寝る前だと血液のめぐりがよくなりすぎて、寝つきが悪くなる可能性もあります。

飲み方に特別な決まりがあるわけではありませんが、寝る前よりも夕食前が消化吸収もよく、おすすめです。

[白井田七の飲み方]白井田七の飲む量は1日に4粒~12粒

「白井田七は、1日に何粒飲むのが効果的なの?」

「たくさん飲んだ方が効果が出るのも早いんじゃない?」

白井田七は、1日に何粒飲むのが効果的なのか、たくさん飲んだ方が効果を実感しやすいと考える方も多いようですね。

でも、白井田七は、たくさん飲んだからといって病気が治るとか、効果を感じるのが早くなるというものではありません。

1日の標準的な目安量である4粒を継続して飲むことが、効果を感じるための飲み方のポイントです。

白井田七は1日何粒が効果的なのか

「そうはいっても、健康診断の数値がよくないし、早く結果を出したいんだよね」

「結局、何粒飲むのが一番効果を感じやすいのかな?」

標準的な目安量は4粒といっても、体調や気になる数値については皆さんそれぞれ違いますから、自分は何粒飲めばいいのかを知りたいという方も多いでしょう。

白井田七の製造と販売を手掛ける株式会社アドバンスの公式ページによれば、下記の通り、体調に合わせて1日に4粒~12粒で調節しながらとされています。

Q:白井田七はどのくらいの量を飲んだら良いでしょうか?

A:白井田七。錠剤は、1日に4粒~12粒、白井田七。粉末は、1日に1袋~3袋を目安にお飲みください。いずれも体調に合わせて調節してください。

血糖値が高めで、次の健康診断までに何とか数値を基準値内にしたいという方なら、1日に8粒で続けてみてもいいでしょうし、疲れがなかなかとれないなんて時なら12粒に増やしてみるなど、気になる数値や体調に合わせて4粒~12粒で量を調節してみてください。

白井田七を飲むなら、できるだけ早く効果を感じたいというお気持ちはわかります。

でも、白井田七はたくさん飲んだからと言って、劇的に効果が変わってくるというものでもありません。

基本的に食品ですから、1日の推奨量の4粒~12粒を毎日の食事の一部として、食前に何度かに分けで飲む方が、コストと効果を考えてもおすすめです。

白井田七は毎食後に分けて飲む

白井田七の推奨量は、1日に4粒~12粒ですが、夕食前に多めにして2粒~6粒、あとは朝食前に1粒~3粒、昼食前に1粒~3粒と、3回の食事の前に分けて飲むとよいでしょう。

食事前に飲むことを習慣化することで、飲み忘れることもなくなりますし、白井田七は毎日の食事の一部とすることで体のリズムも整い、自律神経系や内分泌系がスムーズに機能することにもつながります。

健康で清々しい毎日を送るポイントは、規則正しい生活習慣です。

白井田七を飲む際にも、規則正しくコツコツ続けることが、効果的な飲み方のポイントです

[白井田七の飲み方]白井田七の飲み合わせについて

白井田七の飲み合わせについて注意が必要なのは、薬との飲み合わせです。

田七人参は、漢方薬に調合されるものでもあり、薬効のある成分が含まれているので、医師や薬剤師に相談しましょう。

特に、持病があって日常的に薬を飲んでいる方は、かかりつけの医師に飲み合わせについて必ず相談してください。

白井田七を薬と併用する場合について

白井田七を薬と併用する場合は、念のため医師や薬剤師に相談しましょう。

白井田七人参には、血液のめぐりを良くする効果があるので、コレステロールや中性脂肪を下げる脂質異常症の薬や、高血圧の治療薬などとの飲み合わせについては、特に注意が必要です。

これらの薬と一緒に飲むと、作用が強くなりすぎたり、逆に作用が弱まるなど、いわゆる相互作用が出る可能性もあります。

白井田七を食前に飲み、食後に糖尿病の薬を飲んでいるという方もいらっしゃいますが、体調や症状はみなさんそれぞれ異なります。

白井田七を薬と併用する場合は、自己判断せず、医師や薬剤師など専門家のアドバイスを必ず受けるようにしましょう。

白井田七と飲み合わせが良い飲料

白井田七を飲む際には、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

水かぬるま湯なら、白井田七に含まれるサポニンや、田七ケトン、フラボノイドなどの健康成分の吸収を妨げることがありません。

白井田七はお薬ではなく、健康食品なので、飲み合わせについて特別に表記はされていません。

しかし、より効果的に飲むためには、お薬と同じように、吸収を妨げる飲み物とは一緒に飲まないようにしましょう。

お茶に含まれるタンニンや、コーヒー、紅茶に含まれるカフェインは、田七人参の健康成分の吸収を妨げるので、一緒に飲むのは避けましょう。

その他、お茶に含まれる様々な成分との相性などを考えると、水かぬるま湯が安心です。

[白井田七の効果的な飲み方]白井田七人参の副作用について

白井田七人参は、お薬ではなく健康食品なので、副作用はありません。

漢方薬に使われる田七人参は、古代中国の薬学の書物「神農本草経」の中で、副作用の心配のない「上薬」に分類されています。

「上薬」は、副作用の心配がなく、長く飲み続けることで徐々に体質を改善して、人間の体が本来持っている自然治癒力や、免疫力を高める作用があるとされています。

田七人参を98%使用した白井田七は、副作用の心配なく自然治癒力や免疫力を高めてくれる、とても優れたサプリメントです。

白井田七人参の好転反応について

白井田七に副作用はありませんが、副作用と似た症状の好転反応が出ることがあります。

好転反応とは、田七人参をはじめとする漢方の薬効に特徴的な症状で、悪い症状が改善する過程で体内の毒素や老廃物が排出されるときに、一時的に不調を感じるものです。

白井田七人参の好転反応としては、下痢や腹痛、頭痛、動悸、眠気、吐き気、発疹、吹き出物などがありますが、その多くは、1日~3日以内に収まります。

ごくまれに、これより長く好転反応が続くという場合がありますが、その場合は、飲む量を減らすか、一時使用を中止して医師に相談してみてください。

白井田七茶は副作用の心配なし

白井田七茶は副作用の心配はありません。

白井田七茶の原材料は、有機緑茶が98%で、残り2%が有機田七人参です。

日ごろ飲んでいる緑茶と同じように気軽に飲めるので、副作用を心配する必要はありません。

ただし、緑茶はカフェインが含まれていますので、寝る前に飲んだり、極端に多く飲み過ぎると、寝つきが悪くなる可能性もあります。

お茶やコーヒーを飲んで、寝つきが悪くなった経験のある方は、飲み方をご自身の体に合わせて調整してください。

[白井田七の飲み方]白井田七のレシピ

有機無農薬栽培の静岡茶に、白井田七をプラスした白井田七茶。

有機無農薬栽培の静岡茶を丸ごと粉砕した粉茶なので、お水やお湯にサッと溶かして飲むだけでなく、お料理やデザートにも上手に使って楽しまれる方もいらっしゃいます。

白井田七茶のおいしい飲み方&レシピ

子どもさんの花粉症対策に飲ませているという声も多いですが、お水に溶かすだけでなく、牛乳や豆乳に混ぜて飲むのもおすすめです。

お茶のほろ苦さが牛乳の甘さとコクとマッチして、子供さんはもちろん、大人でもおいしく楽しめます。

他にも、お父さんの晩酌の焼酎のお湯割り、水割りに白井田七茶を1包入れて緑茶割りなどもおすすめです。

デザートとしてなら、白井田七茶をバニラアイスに振りかけて食べてみてください。

香り高い静岡茶の風味と、バニラアイスのまったりとした味わいのバランスが絶妙です。

バニラアイス2人分に、白井田七茶を1包がおすすめです。

バニラアイスだけでなく、かき氷にかけてもおいしいですよ。

お料理のレシピとしては、天ぷらの衣に混ぜて緑茶風味にしてみてはいかがでしょうか。

天ぷら粉100gに白井田七茶を1包と、冷水1カップを入れてさっくりと混ぜ、季節の天ぷら種を絡めて揚げるだけ。

料理屋さんで出される本格的な抹茶風味の天ぷらができちゃいます。

有機無農薬栽培の静岡茶で、茶葉を丸ごと召し上がれる白井田七茶ならではのおいしいレシピの幅は、いろいろと広がりそうですね。

毎日のお食事にも上手に白井田七茶を取り入れて、カテキンパワーで花粉症対策しちゃいましょう。